Nyadgets!

ガジェットやらでライフをハックするブログ

Adonit Snap を買った。色々と最高だった

なんか前回の更新からかなり間が空いてますが、皆様こんにちま。にゃるらコト岡村 直樹です。 皆様方におかれましては、如何お過ごしでしたでしょうか。

僕の方では、前回の更新から今日までの期間に、

  • YAPC::Hokkaido や YAPC::Kansai というイベントに参加したり
  • Google Play Music を止めて Apple Music に乗り換えたり
  • あるいは、このブログのデザインを密かに変えていたり

と言う様なコトを行なっていました。

そしてその間、僕のメインブログである、

以外のブログでは、更新か完全に滞っていた感じなんですが、本日は、 このブログを含めて、メインブログ以外の更新を再開する、という意味も込めて、

の話を書きたいと思います。

Adonit Snap とは

これについては、 Amazon とかで製品写真を見れば判るのですが、Adonit Snap は、

いわゆる アクティブスタイラス

と呼ばれる類いのタッチパネル用のペンデバイスで、USB micro ケーブルで充電し、 その充電した電力を使ってスタイラスペンとして動作する、という類いのガジェットです。

それで、Adonit Snap を含むアクティブスタイラスでは、電気というか、

電力を使って指先でタッチパネルを操作した時と同じ様な状態を作り出す

というガジェットであるため、

指先でのタッチに対応した静電容量式のタッチパネル

であれば、静電容量式タッチパネル搭載のデバイス側対応などが必要なく、 普通の指の代わりに、そのアクティブスタイラスが使えます。

そのため、どうしても細かい画面の操作になりがちな iPhone SE などの画面の小さなデバイスでのアプリの操作を行ったり、 あるいは、イラストアプリ等でしか使えない場合もある (特に iPhone用等の) Bluetooth 接続のスタイラスペンとは違って、 基本的にはどんなアプリでも Adonit Snap を含むアクティブスタイラスは利用できる、という利点があります。

ただ、そんな汎用的に使える利点のあるアクティブスタイラスですが、Bluetooth 接続のスタイラスペンとは違い、 アクティブスタイラスは汎用的に使える指の代わりでしかないため、タッチ先の補正や筆圧の感知、 あるいはパームリジェクションと言った機能などの、

スタイラスペンとデバイスが連携して何かを行う

と言った様な機能は付いていません。

よって、例えば、

iPad などで本格的なイラスト作成がしたい!

などの要件がある場合、Adonit Snap を含むアクティブスタイラスを使うよりも、

Bluetooth 接続のスタイラスペンと、それに対応したイラスト作成アプリと言う組合せ

を利用した方が良い、と個人的には思います。

なぜ Adonit Snap を購入したか

それで、上記で述べた様な利点と欠点があるアクティブスタイラスですが、何故、僕が、

を購入したか、と言うと、これは、

iPhone や iPad での音楽作成アプリの細かい画面を正確にタッチするため

と言うのが主な理由です。

……とは言いつつも、僕の場合、音楽作成自体が三日坊主になっているので、 あんまり活用できてないのでは? と思わないでもないですが、購入理由としては、 上記の通りです。まーもうちょっとこれはなんとかせにゃな、とは思うのですが。 いかんせん三日坊主だって言うね、どうするんでしょうね。コレ。


それで、三日坊主は僕の課題だとして、なぜ音楽作成アプリでアクティブスタイラスが必要になったか、 と言うと、これは一重に、

iPhone (特に iPhone SE) だと音楽作成アプリの画面が細か過ぎて、 画面上のツマミやスライダーの類いを上手く操作出来ない!

と言う問題があったからです。主に指先の大きさとか、あるいは画面が小さいとか、そんな理由で。

また、その細かい画面を良く見て画面の小さな要素をタップする、とか、 チマチマした作業を行うのは良いんですけど、実際には誤タップが多くてなかなか作業が捗らなかったり、 あるいは、変な操作をしてしまって、それを Undo するのにまた失敗して、と、 音楽作成と言う、なかなかに本質とは離れた苦労をしてしまっていたので、

アクティブスタイラスでしっかりしたモノが欲しいなー

と思っていました。

そして先日、 Macbook Air mid 2011 のバッテリーが充電出来ない件を解決するために名古屋のビックカメラへ出向いた際に、 新たに調達する必要があったイヤホンを買った後、色々迷った末に、今回の、

を購入しました。

Adonit Snap を使ってみた感想

何はともあれ、

  • 軽い
  • 薄い
  • タッチし易い

と三拍子そろっている感じで、

あー、これを買って大正解だったなぁ

と思った次第です。

まず、軽さ関して言えば、軽さは手に鉛筆を持った感じとほぼ同じ重量感で特にストレスはなく、 また、薄さに関しては、長方形の板状で、手に持った時にちょっと独特な感じはするものの、 特別に変な持ち方をしなければ、普通に持って云々するには支障はまったく無い感じです。

また、バッテリーが乾電池ではなく、 USB micro 接続の充電方式なので、 使ってない時にプスっと USB ケーブルで充電しておけば、バッテリー切れの心配は無いですし、 また、モバイルで持ち運ぶ際にはモバイルバッテリー等でも充電出来るので、それもそれで良い感じです。

あと、Adonit Snap には、

本体のボタンをクリックで iPhone のシャッターが切れる

という謎の自撮り支援機能が付いているんですが、これについては僕はまだ使ってないものの、 個人的には、

iPhone を三脚等に固定して、iPhone 本体に触れずにシャッターを切る

という用途には便利かなー、と思っています。

以上

というコトで、以上が、

を購入して使ってみた、と言う感想文と言うかレビューと言うのかコレ……? という感じの文章でした。なんか前半とか説明文になってきる気がしないでもないですが。

ちなみに、これは先程、何気なく試して気がついたのですが、僕が今使っている ノートPC である、

www.dell.com

のタッチパッドの部分でも普通に反応していたので、

Adonit Snap とトラックパッドを組み合わせて、画面の無い方のペンタブ風に使う

と言う事も出来るんじゃないかなーと思いました。まあスペースは少ないし、あとノートPC 限定な感じがしないでもないですが。 それとタップでクリック出来る様に設定しておかないと、(僕のXPS 15 9560 だと) クリックする為にタッチパッドを押し込むのが辛い感じだけれども。


と言う事で今回の久しぶりの更新は以上でした。書いていて割と楽しかったです。

そしてなんかもう一時間ぐらいはこの記事を書いていた様な気がしますが、 とりあえず、その辺りは キニシナイ 方向で。おおにゃるらよ、時間を気にしてしまうとは (ry

Google Play Music に加入して一週間が経った

ので、とりあえず現時点での感想とか書いてみます。


1. なぜ僕は Google Play Music に加入したか

まあ、音楽聴き放題のサービスは他にも、

  • Apple Music の聴き放題
  • LINE Music とか
  • 他色々

という感じで存在するんですが、何故僕が Google Play Music に加入したか、 と言うと、理由としては、

  1. 手持ちの曲を Google Play Music に upload して聴ける (iTunes Match 相当)
  2. Web からでも手持ちの曲を聴ける
  3. 聴き放題なので、気になっていたアノ曲とか色々聴ける

と言うのが大体の理由です。

特に、僕としては、その時々の状況や気分によって、OS (Operating System) を、

  • Windows だったり
  • macOS (OS X) だったり
  • あるいは Linux だったり

とコロコロ切り替える事が割とよくあり、そのため、

iTunes が macOS か Windows でしか動かない

と言うのが結構悩み所だったのですが、これが Google Play Music に加入する事によって、 Web から音楽を聴ける事によって、

Linux をメインにすると音楽聴けねーじゃねーか

が解決したので、かなり良かったです。はい

2. Google Play Music の良い点

基本的に僕の場合、Google Play Music に限らず、音楽を視聴する時は、

アルバム単位でループして聞く

という行動を取っているため、自分でプレイリストを作ったり、 あるいは、ラジオ形式で色々な曲を聴く、という事をほぼしていません。 そのため、そう言った用途での使い方の感想とかは書き様がないです。

しかしながら、自分なりの使い方で Google Play Music に加入して良かった点を上げると、 先にも挙げた通り、

  1. 手持ちの曲を Google Play Music に upload して聴ける (iTunes Match 相当)
  2. Web からでも手持ちの曲を聴ける
  3. 聴き放題なので、気になっていたアノ曲とか色々聴ける

と言う感じなのですが、意外と 3番のポイントも結構良くて、 なんというか、

色々気になったけど、コストや資金の関係で聴けてなかったアノ曲

が、 無限に聴ける ので、その点でも結構良いです。 と言うか、今現在もなお、その辺り無限に聴けていますので、その点も本当に良いです。

3. Google Play Music の難点

基本的に、僕は現状の Google Play Music には満足していて、 ほぼ不満なんてないのですが、一応それでも難点を幾つか挙げると、

  1. サウンドトラック系の音楽は無い
  2. アーティストによっては過去の曲が無い
  3. 月額 980 円が結構かかる

という辺りでしょうか。

まあ、一番とか二番は楽曲の関係上、ライセンス周りなどで提供できない、 と言う感じなのかなぁ、と勝手に想像していますが、まー3番が地味に財布に響いていますね。

もっとも、僕の場合、他にも月額の維持費のかかるサービスを使っているため、 色々と月額の維持費には結構お金を払っているのですが、 それでも Google Play Music に加入した影響で月額の固定費が増えた、というのはちょっと痛いです。

なにしろ、僕の場合色々事情があって実家暮しの障害基礎年金生活者で、家事手伝いだけれども、 実質的には無職ですからね。そもそも障害基礎年金が止められるほどの収入もない訳ですしおすし。

まあ、そう言う資金的な面で、 Google Play Music の加入は結構響きますね。はい。

以上

とりあえずは、そんな感じですね。

まあ、僕の場合は Google Play Music に加入した訳ですが、 他にも色々と音楽聴き放題のサービスは結構有るはずなので、 そのあたりについては、一度調べてみて、

あ、これなら自分に合いそうだな

と言うのを探してみると良いのではないかなー、と個人的には思います。

という事で、今回のエントリは以上です。はい。

iPad 2 を初期化して再セットアップ仕直した話

なんかこのブログを書くのは久しぶり過ぎる気がしますが、 あまりに更新しないのもアレなので、久々な更新がてら、 最近行なった iPad 2 の初期化の話をします。


僕が普段使っている iPad は、

  • iPad 2 64GB (2011 年のモデル)

で、もはや最新の iOS のサポートは打ち切られているし (iOS 9 まではサポートされてる) 、 また、快適に動いていたのは今は昔、最近はブラウザぐらいしかロクに動かない、 という、ぶっちゃけ、不安定で使い勝手が悪い子と化していたのですが、 数日前に、

とりあえず、これ初期化してセットアップ仕直したら安定するかなー?

という感じでセットアップ仕直してみたところ、多少はマシになりました。

で、一応、突っ込んだアプリ一覧としては、次の様な感じで、 これ以外は本当にインストールしていません:

Authy

Authy

  • Authy Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

Overcast: Podcast Player

Overcast: Podcast Player

  • Overcast Radio, LLC
  • ニュース
  • 無料

Inbox by Gmail

Inbox by Gmail

  • Google, Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

ちなみに、これらのアプリの内、メルカリ以外は特にセットアップとかしてないので、 本当に動いてくれるのかしらん? という部分も有るっちゃあ有るのですが、 とりあえず、メルカリのアプリは普通に動いています。

ただまあ、これもこれでその内にサポート切られてしまう時がいつかは来ると思うので、 その時までには iPad の方も買い替えたいです、はい。

Readability から Instapaper に乗り換えた話

はい、御久しぶりです。にゃるらコト岡村 直樹 (28) です。 ここ近日中にシン・ゴジラの観賞に行きたいと思っていますが、 とりあえず数ヶ月ぶりに Nyadgets! の更新です。サボっててすみませんすみません。

ウチコン。すみすみ。


で、それはそれで良い (良くない) として。

僕は普段、RSS/Atom Reader には、

Reeder 3

Reeder 3

  • Silvio Rizzi
  • ニュース
  • ¥1,200

Reeder 3

Reeder 3

  • Silvio Rizzi
  • ニュース
  • ¥600

を使ってるんですが、その際の 後で読む 系のサービスには、

readability.com

を使っていました。が、最近というかつい数日前、 Readability のサービスが丸っと一日ぐらい落ちていたのを機に、

www.instapaper.com

に乗り換えました。

そのため、今日は

Readability から Instapaper に乗り換えみた感想とかの云々

を書きたいと思います。はい。

1. 何故僕は Readability から Instapaper の乗り換えたか

基本的にこれは、

Readability が機能していない時が結構ある

というのが主な理由です。

つーか、つい数日前にもユーザー関係のページが全部機能してない状態からの復旧は遅かったですし、 また、Readability の Web は問題なくても API が死んでる時もちょくちょくあって、 さらには API 経由のユーザー認証が通らない! とかも時々有って、

もうそろそろダメなんじゃね? Readability ……

と思わざるを得ない感じだったのでサクっと Instapaper に切り替えました。

それと僕の場合、Readability で使っていた機能については、そのほぼすべてが、

  • 後で読む としたブログ記事などの未読管理

という超基本的な機能だけだったので、

まぁ、Instapaper でも変わらんだろう、その辺りの機能は

と思って実際、試してみたら僕の利用ケースでは問題なかったので、 そのまま Readability から未読を移して、という感じで移行をすませました。

というのがまあ数日前の話です。はい。

2. Readability から Instapaper に乗り換える際にやったこと

基本的に Readability が復旧してから作業してたんですが、 データのエクスポートも動いてるのか動いてないんだかがハッキリしなかったので、 とりあえず、

  1. Readability を Feed として Reeder for Mac で読み込む
  2. その読み込んだ Readability の Feed をショートカットキーで Instapaper にポスト
  3. そしてその未読記事を移し終えた Instapaper に switch

という感じで移行作業を済ませました。

まあ僕の場合、本当に Readability は未読記事の購読管理にしか使ってなかったので、 こう言う雑な手法で楽に乗り換えられましたが、 Readability の他の機能等を使っている場合には、 ちょっとこう、スパっとスッキリという感じには行かないのではないかな、と思います。

そして、そういうケースだと多分、 Readability のデータをエクスポートして云々するんだと思いますが、 いかんせん Readability のデータのエクスポートが動くモノなのかどうなのか、っていうのが良く判らんので、 まーその辺りは各自がんばってくださいです。はい。

3. Readability から Instapaper へ乗り換えた感想

とりあえず、

Web サービスがキチンと動作している

って素晴らしいですね。はい。

以上

まー、ほぼ中身がねぇじゃねーかこの記事! って感じの記事になってしまった感が有りますが、 とりあえず久々の更新は以上です。あ、ちなみにですが、このブログ、 まだデザインを変えたりしましたことを、一応ここで報告しておきます。

ま、デザイン変えたって行ってもそうは大それた事はしてないんですが、 恐らく、以前のデザインより良くなった、というか読み易くなったかと思います。 特に Windows とかでは大分改善されたんじゃないかと。

ただ、昔からそうなんですが、このブログも含め、僕のブログはその時分の最新のモダンブラウザしかサポートしてないんで、 もしかすると古い Web ブラウザだとデザインが崩れてるかもしれませんが、 まあその時はその時で色々と諦めて最新のモダンブラウザ使ってください。お願いします。


という事で、なんかやる気有るんだか無いんだかな、久しぶりの Nyadgets! の更新は以上でした。はい。

iPhone SE を買いました

はい、なんか Nyadgets! の前回の更新から、約一ヶ月は経ってますが、 皆様方におかれましては、いかがお過しでしょうか。

僕の方では色々有った、というワケでもなく、 順当に心療内科でのリハビリを重ねる日々を送っております。 ま、例年の 6月頃に比べて、だいぶ元気です。

という挨拶はほどほどにしておいて

今回、

  • iPhone SE 64GB スペースグレイ SIM フリーモデル

を、

  • もうそろそろ iPhone 7 が出るかも

というこの時期に買いました。

なお、証拠写真はこちら。写りが悪いのはキニスンナ:

f:id:nyarla-net:20160626074645j:plain

で、なぜこの iPhone 7 がこの秋ぐらいに出るのでは? という時期に買ったか、というと、 これには幾つか理由が有って、その理由は大体、

  1. iPhone 5 が発熱するようになった
  2. iPhone 5 が半日でバッテリーが持たなくなった
  3. あとなんちゃって SIM フリーなので、何時まで使えるか判らない

の三つ辺り。

まあ、僕の iPhone 5 は、以前にリモートコントロールによるファクトリーアンロックサービスを使っていたり、 あるいは、それの影響で公式の修理が使えず、非公式のサードパティのバッテリー修理とかも使っていたため、 公式には修理がもう出せないし、また、ファクトリーアンロックのサービスが適用されていた状態も、 いつまで続くかちょっと怪しいな、と思うようになっていたので、この機会だし、というコトで、 今回、新らしく iPhone SE を調達するに至りました。

それで、本来は iPhone 6s とか iPhone 6s Plus とかの方が良いかなーなんて思っていたのですが、 資金的にちょっと厳しかったのと、あと、iPad とか Mac とか、色々他に買い替えたい代物が多かった関係で、 今回は一番買い易く、かつ以前と使い勝手が変らないであろう、

iPhone SE 64GB スペースグレイ SIM フリーモデル

を選ぶに至った次第です。

で、使ってみてどうだったのか

とりあえず、iPhone のモノが届いたのが数日前で、その後、液晶を割るとアレなので、 ガラス製の液晶保護フィルムである、

を購入し、それの到着を待ってから、今日の早朝に開封し、 復元とかゲームの引き継ぎとかして、と行っていました。

それで、今回、色々とセットアップした後にいつもの様に iPhone を使っていたのですが、 なんていうか、こう、驚くほど使い勝手は変わらないです。

と言うか、まあサイズとか画面サイズとかは iPhone 5 と変わらないですし、 また、精々が以前と比べて増えた機能は Touch ID とかなんで、 基本的なラインは変らないんだなーと。

ただ、Touch ID が使えるようになったので、 その関係で iPhone のロック解除は行い易くなった、 という点では違いがあるかと思ってます。

あとはまあ、普通にスペックアップした iPhone なんで、 基本的な操作の快適度が確実に上がってる様に感じます。 なんと言うか、操作の引っ掛かりがなくなって、その辺りは快適になった感じです。

という事で以上

です。はい。

ま、今回の iPhone SE 購入は、どちらかというと予定になかった出費で、 今までの iPhone 5 を使い続けるにはちょっと無理、というか、 まあ、次の iPhone 7 まではバッテリーとか持たないだろうな、という判断が有ったので、 今回の iPhone SE の購入、という決断になりました。

ま、僕の場合、他にも iPad やら Mac やらが買い替えを控えている、という関係も有り、 現状買い易くて、スペック上も最新である、という理由で、今回は iPhone SE を購入する、という判断になりました。

ただ、その点、欲を言えば、 iPhone 7 まで待ちたかったなーとは思うものの、 最近ゲーム (とは言っても Fate/Grand Order ぐらい) の処理落ちとかも有るっちゃあ有ったので、 その辺りも改善できた、と言えるので、まあそこそこには良い買い物が出来たなーと思ってる次第です。


という事で以上、Nyadgets! の一ヶ月ぶりの更新でした。はい。