Nyadgets!

ガジェットやらでライフをハックするブログ

焼き直し! これがスマフォ三種超偏見レビューだ!

こんにちま!

さあ、始まりましたGadgets☆Nyadgets ACT:2! 前の流石兄弟はリストラされて、新ににゃるらさん本人がモリモリ書いて行きます!

さて、Gadgets☆Nyadgets一発目は、

スマートフォン! 三種!超!偏見レビュー!

をやりたいと思います。ちなみにこれは、前のG☆Nの焼き直し! 再録とも言う。

まあでも内容は変わらずども本文は書き直してるので、 前の記事を読んでいても読んでいなくても問題ないと思います。

それでは早速! 逝ってみよー!

ヌルサクンギモヂイイ! Windows Phone!

Windows Phoneとは、名前にWindowsと付いているように、 パソコン用の基幹ソフトウェア、Windowsを制作販売してる、

が開発した、スマートフォンのコトです。

まあMicrosoftが開発したって言っても、スマフォの筐体は各種メーカーが作っていて、 Microsoftはその筐体に乗っかる基幹ソフト(OS:Operating System)を提供している、 って感じですが。

で、そのWindows Phone、日本では、

がauから提供されているのみで、端末に関してはほぼ選択肢が有りません!

ナニソレ絶望工場! とか思うのですが、海外では、

  1. ノキア
  2. HTC
  3. サムスン
  4. LG電子
  5. DELL

辺りから各種端末が出ているそうです。が、これらの端末を日本で使うには、 色々と超えられない壁を超えなければならないので、 海外端末を使う、というのはびみょーにリスキーであります!

まあそんな感じで我が国日本でWP(Windows Phoneの略)を使おうと思うと、 IS12Tぐらいしか普通に選択肢がないですが、このIS12T、 僕がヤマダ電機で触ってみた感じだと、

  1. ヌルヌル! サクサク! ンギモヂイイ(ぉぃ
  2. アレ? これiPhoneよりヌルサクじゃね?
  3. Metro UIカッコいい!
  4. すげーモバイル用Office付いてるの!?
  5. カメラの画素数すげー! iPhoneなんて目じゃないわー?

という感じです。いや、なんかミサワっぽい感想ですが。

あとIS12Tはある程度の防水・防塵機能が付いてるので、 ちょっとばかり水に濡れ手もおkな上、 埃っぽいところでも大丈夫! という感じらしいです。

その他、細かいスペックについては、 auやMicrosoftのページを見ればある程度わかるので、 そこら辺りを見る事をオススメします。

さて、それは良いとして、WPはスマートフォンで有るからして、 当然必要になってくるのが、スマフォでは必須のアプリ。 WPはアプリも充実……! と言いたいところなんですが、 残念無念、スマフォ界を先行するiPhoneやAndroidに比べると、 ちょっとどころか結構劣るよなーという感じは否めません。

いやまあiPhoneは規模が違うのでアレですが、後発組のAndroidと比べても、 アプリの数は少ないんじゃないか、といわざるを得ません。

というかですね、

  1. 日本では一機種、海外でも十数機種と機種がすくない
  2. 機種が少ないから、当然使ってる人も少ない
  3. 使ってる人が少ないから、開発に参入してもうまみが少ない
  4. うまみが少ないから、アプリ開発に開発者が参入しない
  5. よって、アプリの総数が少ない
  6. アプリの総数が少ないから、使ってる人が少ない
  7. 3に戻る -> ループザループ! リソースが死ぬ。

という具合になるからして、アプリが今後増えるかどうか、 というのはあんまり期待できないかと思われます。

つーかですね。WPは日本では一機種しか出てないわけで、 超マイナーな機種な訳です。で、その超マイナーな機種の為に、 開発に参入しよう! と思う人は、もっと少ないわけです。

で、ここから導かれるに、日本人が開発した、日本語のアプリ、 というのは、それはもうiPhoneとかと比べると雲底の差、 となるわけです。残念ッ!

とは言えども、このアプリが少ない状況、見方によっては、 非常にチャンスでもあります。どういう事かというと、

アプリが少ない開発者が少ない競合が少ない

となるからです。要するに、現段階においてはブルーオーシャンじゃね? ってことです。まあ数が増えたらアレですけどね。

さて、もうそろそろ次に行きたいんでまとめますが、 WP(Windows Phone)とは、

  1. Microsoftの提供するOSを搭載したスマートフォン
  2. 国内ではIS12Tの一機種のみ
  3. IS12Tは名器! スマフォ初心者でも大丈夫
  4. アプリ数、特に日本発は少ない! でも今が開発参入のチャンス!

というぐあいのシロモノです。

まあ僕個人としては、

iPhoneを買うか、WPを買うか、非常に迷う

ほど、欲しい! と感じる機種です。

まあ、他のスマフォと比べると、まだまだよちよち歩きな所があるので、 これからどうなって行くか、が、非常に楽しみなスマフォだと思います。

我々は携帯電話を再開発する! iPhone!

iPhoneとは、 それ自体がジャンルみたいな感じになってる感がある、 Appleが開発したスマートフォンです。

ぶっちゃけた話、現在のタッチパネル操作のスマフォ、 というのは、iPhoneから始まった、といっても過言ではありません。 その証拠に、iPhone以前のスマフォ、というのは、 そのほとんどがキーボード付きでした。

それで、2012年3月現在販売されているiPhoneは、 最新版のiPhone 4Sが容量別に3モデル、 廉価版として一個前のiPhone 4の最低容量のものが1モデルとなっています。 ちなみに今年の6月頃にiPhone 5が発表か? という噂があったりなかったり。 本当かどうかはふたを開けてみないと分かりませんが。

そんなiPhoneですが、その最大の特徴は、何と言っても、

ヌルヌルな操作感

だといっても過言ではありません。Androidなんてクソだ! といいたくなるほど、ヌルヌルであります。

あと、iPhoneのカメラは8Mピクセルで、iPhoneのカメラ最高や! やっすいコンデジなんて要らんかったんや! と言えるほどのモノを積んでいます。 それにカメラアプリも充実してるし、携帯電話なので、

写真を撮る→加工→うp!うp!

というのが実にスマートに行えます。

あとこれは最近になって日本語にも対応したんですが、 音声エージェントのSiriも特徴の一つだと思います。

このSiriですが、iPhoneに話しかけるだけでiPhoneの操作ができ、 さらに非常に人間っぽいツンツンツンの時々デレが特徴で、 何この萌えキャラ、っぽい感じのやつです。 いや本当、2chまとめとかでSiriの記事を読むと、 そのツンデレっぷりが分かると思う。

まあそんなユニークというか、未来の携帯電話みたいな機能を積んでるiPhoneですが、 App Storeからインストールできるアプリの数も、マジパナいぐらい有ります。 大体35万ぐらい(ゴッゴル先生調べ)。しかも大抵が数百円ぐらいなので、 それほど肩肘張る事なく買えちゃいます!

とはいえ数が多いんで、カスみたいなアプリが有ったり、 あるいは落ちて使い物にならない>_<;という感じのアプリも有ったりと、 まあピンキリでは有ったりするんですが、 この辺りはまあ、規模が大きいが故の弊害でしょうか。

あと、僕が個人的に上げたいのは、同じiOSのiPadも含め、 音楽アプリや、その周辺機器が充実している、 というのもうれしい点です。

iPhoneやiPadでは、音楽周辺機能にCore AudioやCore Midiといった技術が採用され、 その規格に合う周辺機器であれば、低レイテンシーで使用できるため、 例えば

を繋いでボーカルを録音、とか、あるいは、

といった機器を使って、エレキギターを接続したり、 MIDIキーボードを使って打ち込みや演奏をしたり、 と、実に様々な音楽シーンでの利用が可能だったりします。

あと音楽を作るソフトウェアである、DAW(Digital Audio Workstation)アプリも、 PCやMac用と比べると遥かに安く購入できるので、 iPhone買ったついでに、作曲入門しようかなー(てへぺろ)なんてコトもできます。 まあでも、音楽アプリ使う場合は、iPadの方が良いかもですけどね>_<;

という感じで、ここまではiPhoneの良いところを述べましたが、ココからは悪い所を。

iPhoneを含め、iOS機器では、最近iOS 5.1がリリースされたのですが、 iPhone 4Sの個体によっては、ダイアログが無限ループして使用不可になる、 というコトが起きています。

さらにそのしばらく前では、iOSのバグか何かが原因で、 バッテリ−の持ちが悪く、iOS 5.1までそのバグが修正できてなかった、 ということも有りました。

そしてそのさらに前には、 通称青カビカメラと呼ばれるカメラで撮った映像の問題や、 尿液晶と呼ばれる液晶の黄ばみ等々もあり、 iPhoneと言えども完璧ではない、と言わざるを得ないような、 不具合等がぽつぽつ有りました。

さらにこれはiPhone自体には直接関係ないですが、 iPhoneで利用できるApp Storeにおいて、 アカウントが不正利用されるケースが相次いだ事もあり、 不安材料がないと言えば嘘になるんじゃないかなーと思うコトもあります。 まあこれはiTunesカードを使うコトによって、ある程度は自衛可能ですけどね。

という感じでiPhoneについて語りましたが、 iPhoneについてまとめると、

  1. iPhoneはAppleが開発したスマートフォン
  2. イマドキのスマフォはiPhoneから始まった
  3. iPhoneは現在4S:三機種 4:一機種
  4. カメラとかSiriとかサイコー
  5. iPhoneで音楽活動できる!
  6. 不具合とか不正利用とか不安材料あり

といった感じでしょうか。

まあiPhoneの場合、ぽつぽつとトラブったりすることはあるんですが、 基本は安定、かつ快適なスマフォなので、Appleに組する事に抵抗がなければ、 iPhoneを選んでみても良いんじゃないかと思います。

カスタマイズなら俺にまかせろー バリバリ なスマフォ。 Android

今、スマフォと言えば大体がこのAndroidでなんじゃこりゃ? と思うコトもあるのですが、Androidとは

が提供してるオープンソースのモバイル機器用OS(Operation System)で、 Android携帯、というと、Androidを搭載したスマフォ、 Androidタブレット、というと、一昔前だとスレートと呼ばれたタブレット端末、 を指す事がほとんどです。

で、今回はAndroid携帯について取り上げますが、 このAndroid、イマドキのスマフォには大体搭載されており、 数やキャリアも大変豊富で、どれにしたら良いんだってばよ? ってぐらい大繁盛しております。僕には区別つかないぐらい。

まあそんな大繁盛しているAndroid携帯ですが、 最大の特徴は、何と言ってもそのカスタマイズのしやすさでしょう。

例えば先に紹介したWindows PhoneやiPhoneでは、アプリは自由に入れられますが、 ホーム画面(操作の起点となる画面)をカスタマイズしたり、 あるは文字入力機能を根本から変更したり、というのは不可能でした。

その点Android携帯では、ホーム画面はもちろんのこと、 文字入力機能まで自由に変更でき、 カスタマイズ好きにはたまらない逸品となっています。

さらに、このカスタマイズ性の高さはスマフォ自体の本体にも反映されており、 スマフォにワンセグ等の、今までの携帯電話の機能をのせたり、 あるいは、

の様に、携帯電話なのにゲーム機にもなる、といったような、 非常にバラエティーにとんだ生態系になっています。

あれだよ、最初のAndroid携帯、

が、発表され発売された当時では、考えられなかったぐらいの大繁栄を遂げているのに、 僕もびっくりです。いや、あの当時今の現状を予見した人って、 そんなにいないんじゃないかな。たぶん。

で、高いカスタマイズ性を誇り、大繁栄を遂げているAndroid携帯ですが、 問題が無いわけではなく、結構色々な問題を抱えていたりします。

端末の問題としては、

  1. 端末のフリーズ
  2. バッテリー持たない
  3. Androidの新バージョンが提供されない

などなど。これに加え、スマフォの要とも言えるアプリマーケットである、 Android Market (Google Play Marketに改名)で、 マルウェアとかがどうどうと配布されていた事が有ったり、 あるいは携帯電話なのにウィルス対策ソフトが必要だったりと、 携帯電話としてそれはどうなのよ……ということが、結構有ったりします。

僕個人として思うのは、携帯電話という超個人密接デバイスで、 コトもあろうにアンチウィルスが必要とか、 あるいはセキュリティにズボラだと悪意ある人間に、 個人の生活の詳細にまで侵入されるリスクが出てくる、 というのは、もう携帯電話失格なんじゃね? とか思います。

さらに今月(2012年3月)からGoogleのプライバシーポリシーが改訂されるに際して、 個人情報のリスクが云々と、なんていうか、よくこれを人に進められるね、 というのが正直な所です。

その昔、まだAndroidが一般に知られていない時に、HT-03Aが出て、 ワクワクしていた時の頃と比べると、今の現状は、 ちょっと受け入れがたいなーと思わないでも無いです。

まあそんな感じのAndroid携帯ですが、まとめると、

  1. Android=Googleが提供するモバイル用OS
  2. Android携帯=Androidを搭載した携帯電話
  3. ホーム画面からIMEまでフルカスタマイズできる
  4. ゲーム機と融合したり色々なバリエーションがある
  5. フリーズしたり電池持たなかったりする
  6. 公式マーケットはヒャッハーはびこる場所
  7. セキュリティに気を使わないとダメポ

という感じでしょうか。

僕は昔、Androidが出始めの頃は初めての携帯電話はAndroidにしようか、 それともiPhoneにしようか、と考えてはいましたが、 今となってはさすがにAndroidを選択するのはちょっとねー、という感じです。

アレだ。あの当時のワクワクを返せ! みたいな?

ま・と・め

以上がスマートフォン三種の超偏見レビューでありました。ししょー!

まあ僕としては、

  1. Windows Phone … 今後に期待
  2. iPhone … まあ鉄板
  3. Android … ノーコメント

という感じです。

私事を言うと、僕は生まれてこの24年間、 一回も携帯電話を所持したことがないのですが、 初めての携帯電話は、

iPhone > (微妙な高さの壁) > Windows Phone

という具合でiPhoneを選択したいけど、Windows Phoneも気になる、 という感じに成っております。まあ多分iPhone辺りに落ち着くと思いますが。

ちなみに僕がスマフォを進めるとしたら、iPhoneを進めると思います。 Androidは色々とアレだし、Windows Phoneはまだまだ未成熟、といった感じなので。 ただ、進める人が居ないけどな(>_<;)!?


という感じで、今日のGadgets☆Nyadgets ACT:2の記事は終わりです。

いかがでしたでしょうか? まあちょっとテンションがアレゲだったとは思いますが、 こんな感じで今後もG☆N ACT:2を続けて行きたいと思います。

以上! Gadgets☆Nyadgets ACT:2でした!

ノシ