Nyadgets!

ガジェットやらでライフをハックするブログ

Windows 8 Release Previewをデスクトップ実機に突っ込んでみた!

こんにちま!

いつも心にMetro UI、悪い意味でMacが恋人、にゃるらこと岡村 直樹(24)です。 前回の更新に続き、平常運転記事のG☆N ACT:2でございます。

さて、本日はアレだ。なんと言うか、超今更感が有るのですが、

を、

2007年9月頃に購入したBTOデスクトップ実機

に、ぶち込んでらめぇ(ryしてみたコトを書きたいと思います。

あ、ちなみにこのBTOデスクトップ、実を言うと僕が初めて買った自分専用PCで、 今現在この記事を書いているMacbook Air mid 2011を買うまでは現役でした。

現役の頃はWindows XPとUbuntuとLinux Mintという風に使用OSが推移し、 さらに現役を退いてからは、Windows XP -> 7 -> 8(RP)という風に、 色々なOSをぶち込まれる事となる、結構古兵だったりします。

まあそれは良いとして、今回Windows 8 Release Previrewをぶち込んでみて、 非常に楽しかったので、今日はその辺り書いていきます。

それでは、行ってみよー!

実機のスペック

初めに実機のスペックを。

僕のBTOデスクトップは、確かIntel Core 2 Duo初期あたりに買ったPCで、 スペックは今のところ、

  • CPU: Core 2 Duo E6750
  • Mem: PC6400 DDR2 DDR800 1GB x 2
  • M/B: ASUS P5K(無印)
  • GPU: GeForce 8900GT
  • HDD: HITACHI HDT725032VLA360 320GB SerialATA-2
  • DVD: LITEON LH-20A1P

という感じのスペックであります。

ちなみにこのPC、一回GPUが壊れて修理したもらった関係で、 GPUが一回交換になっていて、さらにM/BのBIOSは、 ネットでDLしたAHCIを有効にしたMod BIOS(ぉぃになっております。

ちなみにP5Kに突っ込んであるMod BIOSは

あたりから手に入るので、試してみたい方は、 すべてを自己責任で試してみると良いと思いますが、 BIOS更新はしくじるとBIOSがBrick!するので要ハサミだ61。

Windows 8 Release PreviewのUSBインストーラーを作成する

んで、次。

僕は今回、Windows 8 Release Previewを、 USBインストーラー経由でインストールしました。

まあこのあたり使ってるOSによって変わってくるんでアレなんですが、 僕が使った手順としては、

  1. Windows 8 Release Preview 32bitのISOイメージファイルを落としてくる
  2. Windows 7 USB/DVD download toolをDL
  3. さっきDLしたWindows 7 USB/DVD download toolでUSB インストーラーを作成

という感じでした。

まあこれは僕のBTOデスクトップのOSがWindows 7だったから出来た方法ですが、 Mac使ってるーとかXPとかVista使ってるーって方は、 他の方法を取る必要があるんじゃないかなーと思います。

Windows 8 Release Previewをインストールする

んで、本番。

さて、先ほどの方法でWindows 8 Release PreviewのUSBインストーラーを作った僕は、 それをBTOデスクトップ機のUSB端子に差し込み、BIOSの画面でF8を押して、 Bootデバイスに先ほどのUSBインストーラーを指定して、 インストーラーをBootさせました。

僕は最初、この方法がわからず時間を食って、 さらに以前UbuntuとかLinux Mintとか使ってた時は、他の方法使ってなかったっけ? とかなっておりましたが、一応F8で選択の方法がわかり、 無事USBインストーラーのBootができた、という次第であります。

んで、USBインストーラーをBootした後は、もう超簡単で、 普段Windows 7をインストールする様にWindows 8をインストールする、 というだけでした。

最初のキーボートとか言語を選択するダイアログがなかなか出てこなくて、 ちょっとドキドキしてたのは内緒ですが、まあOSのインスコになれている事もあってか、 無事、何事も無く、Windows 8 Release Previewをインストールできたのでした。

まあ、Windowsだけにとどまらず、OSのインストール作業はなれてないわ、 って方は、

  • VMwareとか
  • VirtulaBoxとか
  • Virtual PCとか
  • Parallels Desktopとか

の仮想環境で、一回インストールの練習をしておいた方が良いかなーと思います。

Windows 8の初期設定をする

で、インストールが終わるとWindows 8の初期設定画面になるので、 それはまあ流れに従って、ざざーっと作業していきます。

今回からというかWindows 8からは、なんかPCのユーザーアカウントに、 Microsoftアカウント(旧Windows Liveアカウント)を使うか、 あるいはローカルでのみ有効なアカウントを使うか、というのが選べるんですが、 僕は今回、Microsoftアカウントを使う方法を選びました。

Microsoftアカウントを使う流れとしては、

  1. 最初のメールアドレス入力時にMicrosoftアカウントのメアドを入力
  2. 次にMicrosoftアカウントのパスワードを入力

という感じになります。

ま、これはまあ画面の指定に従ってやれば多分できると思います。

じゃじゃん! これがWindows 8 Release Previewだ!

とりあえずスクショ。


壁紙がアレなのはまあ気にしないで欲しいんですが、 これがWindows 8の基本的な操作画面です。

基本的に、Windows8は、

スタート画面 <-> デスクトップ画面 or Metro UI アプリ

という感じの操作体系で、なんというか、タブレットかスマートフォンとか、 そういった感じの代物を意識したようなUI構成になってます。

まあ実際使ってみて思うのは、これはなれてしまえば、 非常に使いやすいんじゃないかなーと思います。

まあ人によって向き不向き、あるいは好みとかありますが、 僕は今回のWindows 8のUIはめっちゃ好みです!!!

基本的に僕は、同じMetro UIのWindows Phone 7.5あたりのUIがめっちゃ好みで、 僕の初携帯はiPhoneかWindows Phoneのどっちにしよう!? と、悩むほど好きなんですが、僕自身、今回のWindows 8の こののっぺりとがりなUIは非常にツボをついていて、非常に大満足。 俺、発売当日にWindows 8買うわ!って感じです。

ただ、僕はアレです。 この記事もMacbook Air mid 2011 on OSX Lion 10.7.4で書いているように、 基本、脱Windowsしたマカーではあるんですが、基本的にMacは、なんだ、 プロプライエタリな環境と、オープンソースソフトウェアとの共存が可能で、 かつUNIX環境である、というのが主な理由で使ってるので、 あんまりMacにはこだわりないんですねー。間違ってもマック狂ではない。 ただ、GoogleのAndroidはないわーとは思ってますが。

まあそんな感じで、WindowsにもMacにも特に思い入れはないというか、 俺が好きなOSって実用ならMint Linuxとか一回使ってみたいOSはArch Linuxとか、 そういう風に答えるほど犬厨なので、あんまりOSにはこだわりなんですよね。 UNIX系列のOSであればなんでも良いというか。

まあとりあえずOSX Lionは気に入ってはいるので、当分はこれ使うと思いますが。

コレが困るよWindows 8 Release Preview!

んで、実際使ってみて困った事を。

時々、永眠なされる

これ、俺の環境が悪いのかなんなのかはわかりませんが、 時々、画面が固まったと思ったらモニタへの出力ななくなって、 そのままリセットボタンをぽちり、というのがたびたびというか、 結構な頻度であります。

まあこの辺りWindows 8がRelease Previewである以上仕方ないのかな、 とは思いますが、主にGPUを使ってるんじゃないないか? って所で起きてるので、 なんというか、自分の環境が悪い、とも感じないこともないので、 ちょっとびみょいです。

というのも今回Windows 8 Release PreviewをインストールしたBTOデスクトップ機は、 以前Windows XPを使っていた時や、UbuntuやLinux MintでCompizを動かしていた時、 固まる -> 復帰とか、あるいはCompizでグラフィック崩壊、 とか時々起きてたので、そこらあたりも関係あるのかなーとか思うため、 全部が全部、Windows 8 Release Previewであるから、とは言いきれないんですよねー。

まあ、基本的に慎重にやってれば、そんなに起きないので、 それはまあそれで、つきあっていくしかないのかなーと。

ファイアーウォールの設定がやりにくい

僕は2012年7月現在、WindowsのFirewallとアンチウィルスは、 なるべくMicrosoft公式のものを使う、と決めていて、 一応、Firewallの設定に

を使用し、Windows XPとかWidows 7なら

を使用して、今回のWindows 8だと、 デフォルトでついてきてるWindows Defenderを使っているんですが、 Windows 7 Firewall Controlの設定が非常にやりずらいというか、 Metro UIのアプリを使うときに、非常に面倒なコトとなっています。

具体的に言うと、インターネット接続を使うMetro UIアプリを起動した時に、 なんかちっとも動かないなーって思っていたら、Windows 8のデスクトップで、 FirewallがAllow? or Deny!という問い合わせ画面が出ていた……、 という事が毎回の用にあり、こ、これは……なれるしかないの(´・ω・`)? って感じです。

おそらくMetro UIなFirewallが出れば問題ないんじゃないかなーとは思いますが、 この辺り本当めんどくさいので、なんとかなって欲しいところです。

という感じで、Windows 8 Release Previewを使ってみた! という話でした

以上が、Windows 8 Release Previewを実機で使ってみた感想とかそういのでした。

今回、単なる気まぐれでWindows 8 Release Previewを、 実機にインストールしてみたわけですが、僕はWindows 8を、

間違いなく買う

と思います。

今回はまあデスクトップで使っていたので、タッチ系のUIは全く試せていませんが、 タブレットのWindowsも一台は欲しいと思っているので、多分、

あたりのx86版が欲しくなるんじゃないかなーと思ってます。

まあ僕が持ってるタブレットにはiPad2が有りますが、iPad2はもう目新しさはないし、 まあ日常の暇つぶしツールと化しているので、あんまり新鮮味は無く、 有って当然、という感じなので、Windows 8のタブレットを持った時、 果たしてどういう感動があるのか、今から楽しみであります。


ま、そんな感じで、今日は5年前のPCに、 Windows 8 Release Previewを入れて楽しんでたよ!って感じにの話でした。

前というか、前回の記事に、他のコト書きたいと思います! と言っていたような気がしますが、まあその辺りはキニシナイ! という感じで、 その辺りのことはまた別の機会にと思います。

という事で、以上、本日のGadgets☆Nyadgets ACT:2でした。

ノシ