読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyadgets!

ガジェットやらでライフをハックするブログ

IT系のブログを運営しています、くま同盟主宰と申します。こちらのDroboのRAID 0化の記事を拝見しまして、非常に興味をもちました。その日のTwitterでRAIDが崩壊していたとありましたが、その後の運用はどのようになっていますでしょうか?差し支えなければ教えていただければと思います。お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。


初めまして。にゃるらコト岡村です。

えーっと、Drobo SGの件ですが、2014年4月6日現在、Drobo SGは電源は入っているけど、ほぼ使ってない状態です。

というのも、RAID 0が崩壊した件も理由の一つなんですが、今Drobo SGが放置状態になってる理由としては:

  1. メインマシンがMac miniからMacbook Air mid 2011に戻った
  2. RAID 0化しても、MacのFusion Driveと比べるとやっぱり見劣りする
  3. あと、大災害対策で、ローカルにデータを保持しなくなった

というのが主な理由です。

で、例のDroboのRAID 0崩壊の件なんですが、今にして思うと、当時、 確かOSXのディスクユーティリティでRAID 0構成を触ってしまったような記憶があり、 その辺りが理由でRAID 0が崩壊したんじゃないか、と思っております。

あと、件のDrobo SGの記事自体、ベンチマークとかをきちんと取っていなかった、 というか、実測の数字について、かなり勘違いしてたんじゃないか? というが有ったように我が事なら感じているので、 あの記事はさすがに不正確じゃなかったかなぁ、と、今読み返してそう思っています。

ただ、それでも、

  1. Droboの Beyond RAID上にいくつかパーティションを作り
  2. のパーティションを使って、ソフトウェアRAID 0を組む

という手法は、ソフトウェア面でのRAID 0の崩壊のリスクはあるにしろ、 まあある程度の速度向上は望めるかは思います。が、ただ、 これはやっぱりバットノウハウの類いというか、 実用するにはちょっとリスクが高いような、という気もしないでもないので、 その辺りのリスクが取れる場合にのみ、利用した方がよろしいのではないかな、と思います。


というコトで、ご質問への回答はそんな感じです。

まあ不正確な記事を書いてすみません、という感じなんですが、 とりあえず今回の回答が、ご質問への参考になれば幸いです。

敬具

にゃるらコト岡村 直樹(26) nyarla@thotep.net