Nyadgets!

ガジェットやらでライフをハックするブログ

FL Studio 12.2 を wine 1.8.1 を使って OSX El Capitan 上で動かしてみた

という話。


1. まず証拠

f:id:nyarla-net:20160328195014p:plain

2. どのようにインストールしたか

ザックリとした手順は、

  1. Homebrew を使って wine 1.8.1 を OSX El Capitan にインストール
  2. Image Line 社から FL Studio 12.2.x と 12.1.3 のインストーラーをダウンロード
  3. Wine を使って FL Studio 12.1.3 のインストーラーを起動し一旦は終了する
  4. FL Studio 12.1.3 を一旦起動した後で、 FL Studio 12.2.3 のインストーラーを起動
  5. あとは普通に FL Studio 12.2.3 をインストール
  6. その後、 FL Studio を動かすためのタンライムやらをインストール
  7. 最後に、 FL Studio を Wine 経由で起動

という流れになります。

まあポイントとしては (4) 番の、

FL Studio 12.1.3 を一旦起動した後で、 FL Studio 12.2.3 のインストーラーを起動

で、これを行なわないと、そもそも FL Studio のインストーラーが起動しません。 何故なのかは判らんのですが。

んで、この手順では、 FL Studio 12.2.3 と FL Studio 12.1.3 の両方のインストーラーが必要となりますが、 FL Studio 12.1.3 のインストーラーはFL Studio の提供元である、 Image Line 社 フォーラム の Announcement 辺りにリンクが貼られているので、 そこからダウンロードできます。

ただ、FL Studio のフォーラムは、閲覧するのに Image Line のアカウントが必要なので、 その辺りは各自で用意してください。

3. 補足

  • FL Studio は Wine で動かすとかは基本想定してないんで、その辺り各自自己責任で
  • あと、FL Studio は OSX Native版 が Alpha Test 中なので、協力するならそちらへ
  • 試用じゃない限り、ライセンスは買いましょう。僕は昔、オンラインで買いました

以上

なお、今回、FL Studio 12.2.3 を wine 1.8.1 で動かすために参考にしたリンクは、

です。

また、FL Studio を Wine で動かすとかは、基本Image Line 社の保証外の事柄なので、 その辺りを試す時は、各自自己責任の元で行なってください。僕はサポートできません。

という事で、久しぶりの Nyadgets! の記事でした。はい。